レビュー

【東リ クッションフロア】賃貸では必須?気になるデメリットもレビュー!|コアロハブログ

【クッションフロア】賃貸では必須?デメリットもレビュー

賃貸暮らしの際に 気になるのが『床の傷』。

床を傷つけてしまって、「退去時に補修分で敷金が1ヶ月分返ってこなかった!」なんてことになったら悲しくないですか?

そんな悲しみを起こさないために

床に『クッションフロア』を敷くことを強くオススメします!

我が家ではリビングをメインにクッションフロアを敷いたので

クッションフロアの

  • 実際の使い心地
  • メリット・デメリット

についてまとめました!

▼今回紹介するのがこちら!

 

【東リ クッションフロア】賃貸では必須?気になるデメリットもレビュー!

ではサクッと紹介します!

こーちゃん
クッションフロアは家族みんなのお気に入りです◎

 

【東リ クッションフロア】商品情報

  • ブランド:東リ(トウリ、Toli)
  • 色:‎CF9414
  • 厚さ:1.8mm
  • 板幅:約15cm
  • 重量:約1.6kg/m
  • 機能:住宅用 防カビ性 JIS 抗菌

Amazonの場合、横幅182cmを1m単位で購入できます。

必要な畳数に合わせて必要な長さを購入するスタイルですね。

色はCF9414とCF9413があって

柄は同じですが

  • CF9414:濃い色
  • CF9413:薄い色

なので間違えて購入しないように注意してくださいね!

▼CF9414:今回紹介している濃い色

 

▼CF9413:薄い色(こちらも良い色ですよ!)

 

【東リ クッションフロア】実際の使い心地

ポイント

  • おしゃれ
  • クッション性がある
  • 床の傷や汚れを気にしなくて良くなりストレス激減
  • 意外と安かった

それぞれサクッとお伝えしますね!

 

おしゃれ

結構おしゃれなんですよ〜!!!

▼実際の画像

《before》賃貸のくそダサい床が…
(言葉が悪いです、すみません)

【クッションフロア】賃貸では必須?デメリットもレビュー

《after》お、おしゃれ〜!!!

【クッションフロア】賃貸では必須?デメリットもレビュー

▼リビングの場合《before》

【クッションフロア】賃貸では必須?デメリットもレビュー

電気なしの状態(鍵もらってすぐ)で撮った画像しかなく、比較しにくいです_| ̄|○

《after》

【クッションフロア】賃貸では必須?デメリットもレビュー

無印良品の家具とマッチ…!!

クッションフロアを敷いて、一気におしゃれな空間になりました!

こーちゃん
正直、床1つでこんなに部屋の雰囲気が変わるとは思っていませんでした(笑)

 

クッション性がある

【クッションフロア】賃貸では必須?デメリットもレビュー

厚さは約1.8mmですが、意外とクッション性があります。

もちろんパズルマットのようなクッションまではいきませんが、物を落としても「まぁ大丈夫か!」となります(笑)

こーちゃん
子どもが転んだとしても普通の床より安心です!

 

もっとクッションフロアの厚みが欲しい方は2.3mmのものもあります!

ですがお値段が1.8mmの倍です(汗)
(もしかしたら厚みがある分、切りにくいかもしれません)

▼厚さ2.3mmのクッションフロア
【東リ CF4525】

 

床の傷や汚れを気にしなくて良くなりストレス激減

クッションフロアを敷いているので、床の傷や汚れをほとんど気にすることがなくなりました!

持ち家の場合も傷や汚れは気になると思いますが、賃貸だと尚更気になるので「やってしまったああぁぁ…!_| ̄|○」とならずに済みます。

こーちゃん
小さなお子さんがいる家庭には、クッションフロアを敷くことを本当に強くオススメします!

 

意外と安かった

物によってはホームセンターで購入するよりもAmazonで購入する方が断然安いです!

▼Amazonとホームセンターの比較
(2021年10月現在)

Amazon ホームセンター
1m辺りの料金(税込) 1,070円 約1,500円

400円程度の差額だと、数m買う場合にかかるお金がだいぶ違いますよね。

ネットで購入の場合、実物が確認できないのが不安だと思いますが、販売会社によっては無料でサンプルがもらえます。

気になるクッションフロアがあれば、サンプルを注文しましょう!

こーちゃん
我が家は18m購入したので

本体代19,260円+送料・手数料1,118円

=20,378円

これで約17畳分敷けたので、結構割安だと思います!

 

【東リ クッションフロア】デメリット

クッションフロアのデメリット

  • クッションフロアを敷く際コツが必要
  • 家具の移動が面倒
  • クッションフロアを敷くのに時間がかかる
  • 椅子の滑りが悪くなる

ではこちらもサクッといきましょう!

 

クッションフロアを敷く際コツが必要

クッションフロアを敷く際の醍醐味は『クッションフロアを切る時』です。

専用のカッターを駆使し 角に合うように切るのですが、コツが必要です。

クッションフロアを敷くコツは

『Don't think.FEEL!』です…!←

▼実際にクッションフロアを切る様子

【クッションフロア】賃貸では必須?デメリットもレビュー

我が家は父にほぼ全任せしました(笑)

☞クッションフロアのコツについては別記事準備中です!

▼ちなみにカッターはこちらを使用

 

家具の移動が面倒

クッションフロアを敷く際に、家具を大移動しなければいけないのが結構面倒です。

引っ越し時の家具が何もない状態でクッションフロアを敷くのが1番ベストですね。

こーちゃん
我が家はリビングの家具全てを動かしたので本当に大変でした。

 

クッションフロアを敷くのに時間がかかる

クッションフロアを敷く畳数にもよりますが、ある程度の広さなら結構時間がかかってしまうと思います。

こーちゃん
我が家は約17畳分敷くのに約8時間かかりました…。
(家具移動込み)

慣れていないこともあり、結構時間がかかってしまったので大変でした(笑)

 

椅子の滑りが悪くなる

クッション性があるが故に、椅子の滑りが悪くなってしまいます。

こーちゃん
キャスター付きの椅子に座っているのにキャスターが機能しませんでした(笑)

僕は滑り対策として『チェアマット』を敷いています!

【クッションフロア】賃貸では必須?デメリットもレビュー

【クッションフロア】賃貸では必須?デメリットもレビュー

▼山善のクリアチェアマットはオススメです◎

 

【東リ クッションフロア】メリット

メリット

  • おしゃれ
  • クッション性がある
  • 床の傷や汚れを気にしなくて良くなりストレス激減
  • コスパ◎
  • 部屋の雰囲気を変えられる

ごめんなさい、『実際の使い心地』の部分と

ほとんど内容被ってます(笑)

ということで

  • おしゃれ
  • クッション性がある
  • 床の傷や汚れを気にしなくて良くなりストレス激減
  • コスパ◎

4項目については割愛しますね!

 

『部屋の雰囲気を変えられる』という項目も実は「使い心地部分」で画像を紹介したのですが…(笑)

違う画像をご紹介しますね!

▼キッチンのbefore after

《before》

【クッションフロア】賃貸では必須?デメリットもレビュー

《after》

【クッションフロア】賃貸では必須?デメリットもレビュー

雰囲気が全然違いますよね!

高級感のある床に大変身です!

 

【東リ クッションフロア】賃貸では必須?気になるデメリットもレビュー!:まとめ

結論。

僕は賃貸にクッションフロアは『必須』だと考えいます。

  • 床の傷や汚れが気になる方
  • 部屋の雰囲気を変えたい方

には本当にオススメですよ!

こーちゃん
ぜひ検討してみて下さいね!

 

▼今回紹介の色

▼CF9413:薄い色(こちらも良い色◎)

-レビュー
-, , ,

© 2021 コアロハライフハック Powered by AFFINGER5