ガジェット

【Apple Watch】GPSモデルかセルラーモデルどちらを買うべき?違いをまとめてみた|コアロハブログ

【Apple Watch7】Wi-Fiモデルかセルラーモデルどちらを買うべき?違いをまとめてみた|コアロハブログ

Apple Watchを買う際、「GPSモデル」と「セルラーモデル」どちらを買うべきか悩む方が多いはず。

結論。

迷っている・こだわりがない&Apple Watch初心者なら『Apple Watch7 GPSモデル』を買って間違いなし。

 

リサーチマニアの僕が徹底的にリサーチした結果、『GPSモデル』が良いと判断しました。

こーちゃん
なぜ「GPSモデル」が良いと判断したのか、僕が実際に使用した感想も含めてお伝えしますね。

この記事の内容

  • 僕が『GPSモデル』を選んだ理由
  • 『GPSモデル』と『セルラーモデル』の違い
  • 『GPSモデル』をおすすめする人
  • 『セルラーモデル』をおすすめする人

 

 

あわせて読みたい

 

【Apple Watch】「GPSモデル」か「セルラーモデル」どちらを買うべき?

【Apple Watch7】Wi-Fiモデルかセルラーモデルどちらを買うべき?違いをまとめてみた|コアロハブログ

はじめにもお伝えしましたが、Apple Watch初心者は「GPSモデル」を買って間違いないと思います。

 

僕が『GPSモデル』を選んだ理由

僕は外出時にiPhoneを必ず持ち歩くので、Apple Watch単体で通信しなくても困らないと考え『GPSモデル』に決めました。

こーちゃん
実際に『GPSモデル』を使っていて、困ったことは一度もありません。

 

『GPSモデル』と『セルラーモデル』の違い

▼GPSモデルとセルラーモデル比較表

項目 GPSモデル セルラーモデル
Apple Watch
単体での通信
×
(iPhoneが近くにないと通信不可)
ケース素材 アルミのみ アルミ
ステンレス
チタニウム
価格 41mm:48,800円〜
45mm:52,800円〜
▼アルミ
41mm:60,800円〜
45mm:64,800円〜

▼ステンレス
41mm:82,800円〜
45mm:88,800円〜

▼チタニウム
41mm:94,800円〜
45mm:100,800円〜

月額 ▼au・ソフトバンク
385円(年間4,620円)

▼ドコモ
550円(年間6,600円)

 

2つのモデルの大きな違いは

  • 単体で通信ができるか
  • 素材
  • 価格  の3点。

 

通信機能

「GPSモデル」はiPhoneが近くにないと通信ができません。

Apple Watchだけで出かけたい方は『セルラーモデル』一択。

Apple Watchだけ身につけてランニングなどの運動をしたい方にはセルラーがおすすめです◎

 

こーちゃん
僕の場合、iPhoneを持たずに出かけることが今まで一度もなかったので、『GPSモデル』一択でした。

ちなみにApple WatchはiPhoneから30mほど離れても大丈夫とのこと。(障害物がない場合)

部屋や会社など、壁がある場所だと大体10mくらいでiPhoneとApple Watchの接続が切れる印象。

 

▼「GPSモデル」できること・できないこと

Apple Watch単体でできること
(iPhoneが近くになくてもできること)
  • タッチ決済
  • ワークアウトの記録
  • Suica&PASMOの改札利用
  • 同期した音楽の再生
iPhoneが近くにないとできないこと
  • 電話の応対
  • メッセージ
  • 天気や株価の確認
  • Suica&PASMOのチャージ
  • 同期前の音楽再生

 

こーちゃん
「GPSモデル」は通信を要するものは基本NGですが、iPhoneとの距離が離れていても できることはたくさんあります。

 

ケース素材

「GPSモデル」はアルミのみ、「セルラーモデル」はアルミ・ステンレス・チタニウムの3種類の素材から選べます。

こーちゃん
僕は実物を見て、軽さや見た目を確かめたら アルミで十分だと感じたので「GPSモデル」を購入しました。

 

▼素材の特徴一覧

項目 アルミ ステンレス チタニウム
素材の特徴 最も軽い
リーズナブル
傷に強い
光沢感がある
軽くて丈夫
マットな見た目

 

▼アルミニウム

前面 ミッドナイトアルミニウムケースとスポーツバンド画像出典:Apple

アルミはリーズナブルで軽いのが特徴。

見た目も良い◎

 

▼ステンレス

前面 グラファイトステンレススチールケースとレザーリンク

画像出典:Apple

ステンレスはアルミに比べ 傷に強くて高級感がある素材とされている。

見た目はやや光沢感のある素材。

 

▼チタニウム

前面 スペースブラックチタニウムケースとスポーツループ

画像出典:Apple

チタニウムはアルミの上位互換のようなイメージで軽くて丈夫。

見た目はマットな仕上がり。

 

価格

『GPSモデル』と『セルラーモデル』で差額は1万円以上...。

『セルラーモデル』単体で通信するには大手3キャリアとの契約も必要なので、年間コストはもう少し掛かります。

 

項目 GPSモデル セルラーモデル
本体価格 41mm:48,800円〜
45mm:52,800円〜
▼アルミ
41mm:60,800円〜
45mm:64,800円〜

▼ステンレス
41mm:82,800円〜
45mm:88,800円〜

▼チタニウム
41mm:94,800円〜
45mm:100,800円〜

コスト

▼au・ソフトバンク
年間4,620円
(月385円)
▼ドコモ
年間6,600円
(月550円)

 

『GPSモデル』がおすすめな人

GPSモデルがおすすめな人

  • スマホの契約が3大キャリア以外の人
  • 常にiPhoneを持ち歩く人
  • なるべく安く使いたい人

将来的に単体で通信するかも...と思ったら、「セルラーモデル」を買うのはあり。

でも数年後に新モデルのApple Watchを「セルラーモデル」で買い替えればいいとも思う…。

 

『セルラーモデル』がおすすめな人

セルラーモデルがおすすめな人

  • スマホの契約が3大キャリアの人
  • iPhoneをあまり持ち歩かない人
  • 毎月の料金をあまり気にしない人

※ahamoと楽天モバイルでもセルラーが使えるようになるそうです

 

【Apple Watch】こだわりがないor Apple Watch初心者なら『GPSモデル』でOK

【Apple Watch7】Wi-Fiモデルかセルラーモデルどちらを買うべき?違いをまとめてみた|コアロハブログ

"絶対に「セルラーモデル」が良い"というわけでなければ、「GPSモデル」でほぼ困ることなく過ごせると思います。

価格やコスト面で問題なければ「セルラーモデル」でもOKなので、ご自身の生活スタイルに合ったモデルを身につけましょう。

Apple Watch7 GPSモデル』は初心者でも使い勝手が良い高性能なスマートウォッチなので、ぜひ手にしてみてください。

こーちゃん
少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

 

【ガジェット】記事まとめ

 

-ガジェット
-

© 2022 Powered by AFFINGER5