サッカー

【レアル】4-0サラゴサ|香川真司がキレッキレで躍動もチームは大敗

f:id:koalohawaii:20200130092811p:image

コパ・デル・レイ(国王杯)ベスト16

レアルはサラゴサのホームに乗り込んだアウェー戦。

日本の香川真司がレアル相手にどれだけのプレーが出来るかも注目

メンバー表

レアル

■GK
アレオラ

■DF
カルバハル
ラモス
ヴァラン
マルセロ

■MF
トニ・クロース
バルベルデ
ハメス・ロドリゲス

■FW
Lバスケス
ヨヴィッチ
ヴィニシウス

サラゴサ

■GK
ラトン

■DF
アティエンツァ
デルマズ
クレモント
グリッポ

■MF
アルベルト・ソロ
イグべケネ
エグアラス
香川真司

■FW
ミゲル・リナレス
ペレイラ

スコア

レアル4-0サラゴサ

6分、ヴァラン
32分、バスケス
72分、ヴィニシウス
79分、ベンゼマ

試合経過

試合は開始からレアルが主導権を掴む。

6分

開始から6分、右からのショートコーナーからクロースが低いクロス。ニアのヴィニシウスがスルーしてファーにいたヴァランがフリーでシュート。早い段階での先制点

32分

サラゴサはゴール前でボールを失いLバスケスに追加点をプレゼント

72分

パスをもらったヴィニシウスが突破からのGKをかわすループシュートで3点目。

79分

ヨビッチに代わって入ったベンゼマがカルバハルのクロス決めて4点目。

レアルは快勝でサラゴサを打ち破った

香川真司のプレー

香川は終始良いプレーを見せていた。唯一レアルに通用する能力があったといっても過言ではない。

キレッキレのドリブルやチャンスメイク、ゲームを作るパスなどあらゆる面で輝きがあった。

サラゴサは得点こそなかったが、香川のチャンスを活かすことができれば得点も狙えていただろう。

今日のレアルを最も脅かした存在は香川真司で間違いない。

ドリブルやパスの質はまだまだ通用するレベルだった。今日のプレーならスペイン1部でも通用するだろう。

それほど印象的なプレーだった。

-サッカー

Copyright© コアロハライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.