子育てパパのまったりライフハック

ハワイに30年通うハワイアンライフハッカー。子育て、レアル、サッカー、ITガジェットなどまったりライフハック。

【レアル】1-0 激戦マドリードダービー|ベンゼマ弾で試合を制し首位キープ(ダイジェスト動画あり)

f:id:koalohawaii:20200202084457j:image

リーガエスパニョーラ第22節

注目のマドリーダービー

レアルはホームにアトレティコを迎え撃つ

つい先日、スーペルコパの決勝で戦ったばかりだが今回はリーグ戦でのダービー

レアルはアザールとベイルが欠場。

アトレティコもJフェリックスとジエゴ・コスタを怪我で欠場。 

 

 

メンバー表

レアル

4-3-2-1 → 4-3-3

■GK

 クルトワ 

■DF

 カルバハル

 ヴァラン

 セルヒオ・ラモス

 メンディ

■MF

 トニ・クロース→ヴィニシウス

 カゼミーロ

 バルベルデ

 イスコ→Lバスケス

 モドリッチ

■FW

 ベンゼマ

 

アトレティコ

4-4-2

■GK

 オブラク

■DF

 ヴァルサリコ

 ヴィッチ

 フェリペ

 ロディ

■MF

 アンヘル・コレア

 マルコス・ジョレンテ

 パーティ→カラスコ

 サウール

■FW

 ビトロ→カメージョ

 モラタ→レマル

 

スコア

レアル1-0アトレティコ

56分 ベンゼマ

 

試合経過

 序盤から比較的レアルのペースで試合が進む。

レアルは最終ラインが高くプレッシャーも早い。

バルベルデが珍しく右サイドハーフのようなポジションをとっていて、前への推進力がすごくアトレティコを悩ませていた存在となっていた。

アトレティコは不調さが出ていた。

前への推進力も弱く攻撃にいまいちメリハリがない印象。

 

7分

最初のチャンスはレアル

カゼミーロが左サイドのトニ・クロースへ展開すると中へクロス

ピンポイントで上がっていたセルヒオ・ラモスがダイレクトで合わせるが、大きくゴールを外して行った。決定的チャンスだった。

 

18分

ヴァルサリコがドリブルで上がるとゴール前へビトロへ、ダイレクトでシュートするも守護神クルトワの好セーブ。

 

25分

ビトロのドリブル突破、アンヘルコレアが右からシュートを放つも得点にはならず

互いに攻めるも得点は動かず後半へ。

 

後半開始とともにレアルは2人もメンバーを入れ替えた。

トニ・クロース→ヴィニシウス

イスコ→ルーカスバスケス

 

56分

ついに得点が生まれる。

後半投入されたヴィニシウスが見せ場を作った。

ヴィニシウスがドリブルで左サイドを駆け上がると、追い越したメンディへスルーパス。メンディがアーリー気味に上げたクロスにダイレクトに合わせたベンゼマがゴールへ押し込んだ。

レアル・マドリードが待望の先制

 

その後両者シュートを撃ち合うも得点は生まれず。

中国からアトレティコへ復帰したばかりのベルギー代表のカラスコもいきなり出場、結果は出なかったがドリブルからのチャンスメイクはやはり脅威。

レアルは1点を守り切り試合は終了。

やや落ち着いた試合展開となったが、レアルは久々にホームでのマドリーダービーで勝ち点3を獲得する事ができた。

 

選手評価

ベストプレイヤー

ベンゼマ

貴重な決勝点

現在レアルの絶対的な得点源としてしっかり仕事をした。

フォルス9で下がってゲームメイクに加わって試合を作っていったが、サイドの推進力が弱いメンバーとフォーメーションではベンゼマがあまり活きていない印象。強力なサイドの推進力があるからこそベンゼマの存在意義が発揮されると私は思う。

ヨビッチが不調なのでベンゼマに頼るしかないのが現状だが、来夏にアザールとムバッペとベンゼマのトリデンテが爆発的な攻撃力をうむだろう。

 

メンディ

今日の得点源とも言える。ベンゼマへのパスは素晴らしかったが他にも素晴らしいプレーが多かった。積極的なドリブル突破や献身的なディフェンスなどプレーが加入当時に比べて安定してきた。やっとジダンが彼を欲しがった理由が分かった。マルセロのバックアッパーかと思っていたが、ポジションを奪えるほど評価を高めていると私は思う。(加入当初は何故獲得したのかわからなかったが、、、)

メンディーが台頭してきている状況で一番苦労するのはレギロンだ。

昨季まではマルセロからポジションを奪っていたレギロンだが、ジダンが監督に復帰してからは出場機会がなくレンタルで武者修行中だ。来季にレギロンの戻る場所はあるのだろうか、、、。 

 

バルベルデ

彼は今日も輝いていた。

センターでのプレーが得意なハズだが今日はサイドでのプレーが多かった。攻撃も出来て守備も出来てセンターもサイドも出来る。なんて万能なMFなんだと改めて感じた。

ドリブル突破での前への推進力はかなりの脅威だった。バルベルデがいる事によって試合内容が良いものとなる。しばらくレアルは中盤の補強はいらないのではないだろうか?カゼミーロのバックアッパーは別として。レアルで今一番勢いのある選手なのは間違いない。

ワーストプレイヤー

イスコ 

あらゆる場所へ顔を出し自由自在にプレーをする。あらゆる場面で光るプレーがあったが、チャンスメイクが足りなかった事と消える時間が多くあった事で今回のワーストプレイヤーに選んだ。レアルの選手全体の動きは良かったのであえて選ぶならイスコと言えるだろう。

最近は復調してきているが、輝きが足りないと私は思う。イスコが活きるフォーメーションが今のレアルにはないのではないだろうか。イスコが輝くのはやはりトップ下の印象だ。しかしハメスロドリゲスもいるので二人は被っているが二人して今のレアルに居場所が内容に思える。来季もチームにいるかは不透明だ。 

 

まとめ

レアルは無事マドリーダービーを制して首位をキープ。

まだリーグ戦は長いが、ライバルのバルセロナやアトレティコの調子が悪いのでリーグ優勝は十分に狙える可能性があると言える。

CLもまた始まるのでハードワークな日程となるが選手の管理をジダン監督の手腕に期待したい。ケガで離脱していたアザールやアセンシオも徐々に復調しているので彼らにも期待したい。

 

ハイライト動画

 

 ショートハイライト

 

 

ロングハイライト