個人的ニュース

肺炎にかかった同僚がコロハラにあっている件

f:id:koalohawaii:20200317070635j:plain

同僚がコロハラ(コロナハラスメント)にあったので報告

コロハラとは

コロナウルスが起因となるハラスメント

コロナウイルスハラスメントを略してコロハラ

同僚が肺炎で仕事を休む

先日、同僚が肺炎になり会社を休んだ。

数日後に肺炎という診断が出たと会社に連絡があった。

症状は重度の肺炎だそうだが、会社では「コロナウイルス」なのでは?と騒がれ始め、すぐに同僚の机や周辺の除菌が行われた。

確かにコロナウイルスが流行っている時期に重度の肺炎となると疑ってしまうのは仕方ない。

社内は同僚のコロナ説の話題ばかり。

無事完治したが、、、?

肺炎が治るまで1週間以上かかったみたいで、完治したところで同僚から再び会社へ連絡があった。

完全に肺炎の菌がいない

保健所にも連絡してコロナの疑いはない

との事だったが上司は「コロナかもしれないから出勤させない」と2週間の出社停止を命じた。(総務の出勤許可は出ていたのに)

同僚には「総務の出社許可が出ない」と上司が嘘をついて有給消化を促した。

しかし同僚の有給は残り10日ほど。

それに気付いていない同僚は出社できないので自分の保有している有給を把握することができない。

私は聞いた。「足りない分の有給はどうするのですか?」

上司は迷わず答えた「欠勤でしょ」

上司が勝手に出社停止を命じたのに欠勤扱いにするなんてとても理不尽。

これぞまさにコロハラ

社内はカオス化

同僚は2週間以上も会社に出社してこないので社内では同僚のリアルコロナ感染説が膨れ上がっていた。(上司が勝手に休ませていることはほとんど誰も知らない)

そして謎に出勤後にほぼ毎日、同僚の机周辺を除菌している30代後半独身女性社員。

社内はだんだんカオス化してきていた。

咳やくしゃみをしただけで視線を一瞬にして集まるほど社内は過敏になっていた。

咳やくしゃみをし辛い状況が出来上がっていて、花粉症の人にとっては地獄。

みんながみんな疑心暗鬼になっていた。

これも全部コロハラ上司のせい。

同僚の復帰前夜

休んでから3週間ほどでついに同僚が復帰する事になった。(完治までは1週間くらい)

前日に同僚が復帰すると上司から社内の人に共有があった。

社内は少し困惑。

なぜなら上司は同僚の事を「コロナ野郎」と呼んでいたからだ。

いまだに同僚の事をコロナに感染していたと思っている人が多い。

そして上司は「コロナは菌がなくなっても復活するからな、コロナ野郎には近付かない方が良い」とみんなに言っていた。

同僚がせっかく復帰するのに彼にとっては地獄になるだろうと私は思った。

私は静観。

少し客観的に様子をみる事に。

同僚ついに復帰

ついに復帰当日。

前日に連絡を取り合った。

「長期休み最高だわww」みたいなテンションだった。

有給を使い切って欠勤になっているとは知らずに、、、

私はトラブルに巻き込まれそうだと思ったので、知らないふり。

同僚はニコニコしながら出勤してきた。

社内では仕事中もマスク人口がかなり増えている。

社内の雰囲気はかなり冷ややか。

ニコニコしていた同僚も何かを察したのか顔が強張る。

そして出勤早々に上司に呼び出された。

同僚vs上司

舞台は30人くらいで使うような会議室。

上司と同僚の話し合いに私も立場上同席して3人。

コロナを警戒してこの広さとこの距離か

上司が口を開いた。

上司「なんで戻ってきたんだ」

同僚「ッ!?!?」

上司「コロナウイルスは完治しないんだぞ!!菌が死んでも死なないんだぞ!!!」

同僚「ッ!?!?」

私「、、、、、、」

同僚「あの、僕コロナじゃなくて普通の肺炎なんですけど」

上司「こんな時期に普通の肺炎なんかにかかるはずないだろ」

私「、、、(2月って肺炎のシーズンって看護師の妻から聞いたんだけどな)」

同僚「医者には重度の肺炎と診断されたんですが」

上司「ただの肺炎でこんなに休みが必要なはずないだろ」

私「!?!?(上司が休ませるって伝えていたハズだけど、、、)」

上司「その医者はコロナに詳しいのか?コロナの検査したのか?」

同僚「保健所に連絡しましたが、検査は受けさせてもらえませんでした。」

私「、、、(コロナの検査ってできないで有名なのに)」

上司「休んだ分は欠勤だからな」

同僚「!?!? 有給ありますよね」

上司「使い切ってるんだよ!足りない分は欠勤だ!当たり前だろう」

同僚「亜jファfjんじゃふぃあおえpjvんふぁあ」

みたいな事を言って同僚は部屋を出て行った。

そしてすぐ総務部長を呼んできて一連の流れを伝えていた。

同僚よ、賢い。

総務部長「お話はお伺いさせていただきました。上司さんの行いは不正な勤怠操作にあたります。詳細は会議にてお伝えします。」

上司「こいつはコロナだったんですよ!?休ませて当然でしょう」

総務部長「同僚くんは肺炎であってコロナではないとの報告を受けています。勝手に休ませて欠勤扱いにするのはただのハラスメントです。」

と冷静な対応に上司も我に帰ったのか

上司「申し訳ございませんでした、、、」としょんぼり。

数日後

今回の一件で上司は地方の支社へ飛ぶ事に

同僚のコロナ疑いも晴れて社内は再び平和に(謎に除菌していた独身女性だけは同僚にはいまだに近付かず。)

あれ以来、上司の噂は聞かない。しかし降格して支社飛びなので気まづいだろう。

そして上司の空いた席には私が座る事になった。

私は思いがけない昇進を果たした。

手当てが上がったラッキー!!

こうしてコロハラ事件は無事に解決!!!

静観していた私だけが得をした形になった。

end.

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーちゃん

【職業】ハワイアンライフハッカー/監査 【住まい】東京/埼玉住まい|ハワイと日本を往復 【経歴】20代でタワーマンションを購入。株の監査人 次は注文住宅が欲しい衝動が抑えられなくなり、ブログを始めました。 最近の僕のテーマは“ブログで注文住宅” でもまずはブログで”ロレックス”

-個人的ニュース

© 2020 コアロハライフハック Powered by AFFINGER5