ハワイ 子ども

【ハワイ】赤ちゃんの飛行機対策|準備リストと必需品まとめ|1歳半でハワイ旅行へ行ってきました‼︎

f:id:koalohawaii:20200202231929j:plain

娘が1歳半の時にハワイ旅行へ行ってきました!!

目的はハワイで娘の海デビューをする為です!

大きな壁だった「飛行機」が本当に地獄だったので、同じようにこれから赤ちゃんと飛行機に乗る方の為に対策と準備リストをまとめました!

 

 

娘のステータス

1歳半

 まだ1歳半でしたが、ハワイ旅行を決断。

練習で沖縄旅行へ1歳3ヶ月の時に行きました

 

母乳8割 ミルク1割 ご飯1割

 相当な母乳っ子でミルクもご飯もほとんど摂らない子です。。

でもお菓子は大好き!

 

運動

すでに歩くことができました。ハイハイは卒業していました。

 

睡眠

母乳を飲みながらでないと寝ない子でした。卒乳しなかったのも飛行機内が不安だったので先延ばしにしていました。

 

 

 

準備リスト

必需品

固形のミルク

 粉は飛行機内では扱いにくいので固形のミルクのみを使用しました。粉ミルクは現地で使います!

 

お気に入りのおもちゃ

 気が紛れるようなおもちゃを何個も持っていく事をオススメします!その中にまだ見たことない新しいおもちゃもあるとベストです。とにかく飛行機内は赤ちゃんには暇です。

 

お菓子と離乳食

 必需品です!機内食は赤ちゃん用の物は出ないので、必ず持っていって下さい。離乳食は肉が入っていると没収される可能性もあるのでない方が安心です。

 

持ち運べるスプーンとフォーク

 赤ちゃん用の食器などはないので食べさせるのであれば必須です。

 

ブランケットor下に引ける布団

 飛行機内はかなり寒いです。飛行機内にもブランケットはあるのですが、基本的には1席につき1枚しか配られません。追加で頼みましたが規定があると言われ、借りることが出来ませんでした。下に子どもを寝かせている人も多くいるので、厚みのある布団みたいな寝具もあれば安心です。

 

オムツ&おしりふき(大量)

 機内にオムツなどはないので大量に持っていきましょう。赤ちゃんも気圧の変化だったり普段と違う環境になるので何が起こるかわかりません。

 

おしゃぶり

 普段から使っている子は忘れずに持っていきましょう!寝る時には必須です。

 

授乳ケープ

 狭い機内での授乳は気になりますよね!授乳ケープは忘れずに持っていきましょう!

授乳は目立ちますし、みんなの注目を集めてしまうみたいです。

 

家から空港までの過ごし方

なるべく普段通りに

 飛行機の出発が23:45だったので夕方6時くらいに家を出発して空港へ向かうようにしました。(羽田までは1時間)

家から空港までの赤ちゃんの過ごし方を書いているブログが少なかったので、参考にできる記事は全くなかったのですが、今回経験して一つ言えることが、

いつも通り過ごす

これに尽きます。

 飛行機という慣れない環境&普段寝ているハズの時間に起きる事になってしまいます。

赤ちゃんの生活スタイルは簡単には変わりません。

飛行機に乗るからといって変にご飯の時間やお昼寝の時間を変えたりすると、コンディションが悪くなって最悪のコンディションでフライトを迎える事になります。

ですので、いつも通りしっかりとお昼寝を取ってご飯を食べて普段通りの生活をしましょう!

 

空港での過ごし方

赤ちゃんのコンディションを見極めよう

私も出発前に色々な記事を調べて準備を整えたのですが、「出発時間」「月齢」「コンディション」が一致するものが少なくて当然ながら準備した通りにできるものは何一つありませんでした。

他記事でみた内容をまとめると

空港内のキッズスペースで遊びつくして体力を使い切る

これがほとんどの記事で書かれていました。

しかしこれには落とし穴が、、、

これを書いているほとんどの記事のお子さんが3−5歳くらいの月齢でした。

確かに体力を使い切って飛行機内でぐっすり寝かせるのは楽かもしれません。

しかし、張り切って遊びすぎると発熱や興奮が治まらなくて寝ないなどのリスクもあります。

そしてなんといっても利用者がかなり多く人でごった返しています。

月齢の低い子どもには適していないと感じました。

遊んでいる子どもたちは興奮して本気遊びをしている子がほとんどでした!

ハワイで夜遅い出発なら遊ぶべきではないと私は思います。

ですので、子どものコンディションを見極めながら適度に過ごしましょう。

 

 

今回の飛行機

ハワイアン航空(ハワイアンエアライン)

今回は普段から使い慣れているハワイアン航空で羽田から出発です。

羽田からの出発だと23:45発の飛行機。

結論から言うとJALにしておくべきでした。。。

娘は気圧の変化や慣れない飛行機の環境ながらもぐっすりと寝てくれていました。

しかし下に寝かせようと体勢を変えた瞬間、、、

かなりのギャン泣き。

つられて周りにいた赤ちゃんも夜泣きが始まる。

赤ちゃんの夜泣き大合唱が始まりました。

地獄の始まりです。

 

周りの人も寝静まっている時間帯にギャン泣きをしてしまったので、これが大きな試練でした。

これが本当に辛かった。

当然、席にはいられなかったので飛行機の中間(踊り場的なトイレなどある所です)で抱っこで落ち着かせる事に。

その時のCAさんが本当に冷たかった。

外国の方だし、仕事中だし迷惑をかけているのはこちらなので申し訳なかったのですが、迷惑そうな雰囲気を出されたり、「席にお戻り下さい」と促されたり(当然ですが、、、)

追い詰められているこちらとしてはCAさんにも追い詰められてる気分でした。

JALやANAの日本人CAの方ならもっと優しいハズ。。。

 

機内での過ごし方

離陸

飛行機で最初の難関が離陸です。

大きい音と身体にかかるG、急激な気圧の変化で赤ちゃんにとっては試練の時間です。

気圧で耳が痛くて泣いてしまう事がほとんどなので、離陸の瞬間は授乳かミルクを飲ませましょう。

これもどの記事にも書かれていましたが飛行機を沖縄&ハワイの往復で計4回経験した結果、離陸時の授乳かミルクを飲ませる事は必須です。

離陸時に毎回、周りには赤ちゃんがいるのですが離陸時に何も飲んでいない子は100%泣いていました。そして飲んでいる子は泣きません。うちの子は離陸時だけは泣かずに過ごすことができていました。

離陸時は必ず授乳かミルクなど飲み物を必ず飲ませましょう。

 

フライト中

フライト中は日本時間で真夜中から朝にかけての時間帯となります。

本来なら赤ちゃんは寝ている時間ですが、いつもと違う環境で普段夜泣きをしない子どもも夜泣きしてしまいます。

うちの子は抱っこでぐっすり寝ていたのですが、抱っこに疲れて座席の下に持ってきた布団を敷いて下に寝かせようとして体勢を変えた瞬間、、、

起きた!!!

ぐっすり寝ていた飛行機楽勝ムードが漂ったと思いきやまさかの起床。

迂闊でした。

順調にぐっすりしていたので油断しました。

そこからは何をしても無駄。

1時間くらいは泣き続けてトイレに行ったり立ちながら抱っこしたり。。

ミルクや授乳も拒否!!

いよいよ泣き疲れて授乳を受け入れて就寝。

しかし、あちこちで赤ちゃんの泣き声が定期的にあって寝る環境としては最悪。

うちの子も少し動いただけで反応する過敏な状態に入っていました。

 それでうちの子はほとんど寝れず。

妻と私もほとんど寝れず。。

最悪のコンディションでのハワイ旅行がスタートしました 笑

オムツ替え

オムツ替えも試練です。

うちの子は少しの変化で起きてしまったので、オムツ替えは地獄でした。

搭乗直前には必ず替えましょう。

どうせ機内でのオムツ替えは必須ですが、少しでも時間を稼げるように!

 

バシネット

ハワイアン航空では「バシネット」という赤ちゃんを乗せることができる壁掛けの簡易ハンモック的な物が指定席で使えるそうです。

しかし、条件が厳しく

2歳未満

2.9kg未満

上記の2つがあり、うちの子は1歳半だったのですが重量オーバーとなっていて使用できませんでした。

詳しくはこちら→ハワイアンエアラインヘルプ

使う方は多いので争奪戦が予想されます!

 

着陸時

着陸態勢に入る際もミルクや授乳など飲み物を飲ませてあげましょう!

気圧の変化で泣く子がほとんどでしたが、うちの子はしっかり授乳していたので泣かずに着陸できました。

 

授乳について

うちはハワイ旅行の為に卒乳を先延ばしにしていました。

普段から寝るときは授乳をしながらでないと寝ない子でしたので、授乳という最終兵器を捨てることが出来ませんでした。

月齢もありますが、卒乳してからの事を比べると早めに卒乳してからハワイ旅行に臨むべきだったと考えています。

個人差があるのでしっかり見極めて欲しいとは思いますが、ハワイ旅行をはじめとした飛行機での旅行前からの長期的な旅行計画を練るべきです。

うちの場合は半年くらい前から計画していました。

 

まとめ

フライト当日は普段通りの生活をしましょう。

・必需品は忘れずに

・空港内では赤ちゃんのコンディションを見極めながらゆっくり過ごしましょう。

・離陸&着陸時は授乳やミルクなど飲ませましょう。

・寝たらなるべく体勢を変えずに過ごしましょう。

・オムツ替えは搭乗直前には必ず替えましょう。

・授乳か卒乳か見極めて旅行に臨む

・長期的な旅行計画を練ろう。

 

今回使用したオススメ品

 

 

 

 

-ハワイ, 子ども

Copyright© コアロハライフハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.