防災グッズ

おすすめの防災グッズ|もしもの時に必ず必要な7つ道具で防災準備

最近やたらと災害が多いですよね?

万が一に自分が被災した時のために防災の準備は整っていますか?

 

災害はいつ自分に降りかかるかわかりません!

これだけあれば安心!!

もしもの時に最低限必要な防災7つ道具をご紹介します。

 

おすすめの防災グッズ

防災7つ道具

  1. 食料品・飲料水   →1人3L(最低3日分)
  2. 手動充電ラジオ   →情報収集ツール
  3. 簡易トイレ     →断水時かなり重要
  4. ウェットティッシュ →衛生管理に必須
  5. ソーラー充電器   →スマホ充電に必須
  6. アルミシート    →寒い時期の冷え込み対策
  7. ラップ       →怪我の手当てやお皿など何にでもOK

 

食料品・飲料水

2011年に起こった東日本大震災を例にすると

地震発生から数時間後には街のコンビニやスーパーから食料品と飲料水が消えました。

水・電気・ガスなどのライフラインが止まり、食料品と飲料水を確保する手段がなくなりました。

 

供給も止まっていて震災発生から3日間くらいは食料品と飲料水を確保するのが困難な状態でした。

4人家族(夫婦2人・小学生以上の子ども2人)の場合、

震災発生から3日間必要な水は4人×3L×3日分=36L

食料品は4人×3食×3日間=36食 が必要最低限な量となります。

 

贅沢は言えませんが、体調を整えるという意味でもバランスの採れた食事がおすすめです。

Amazonなどでも簡単に購入することができるため、ネット通販で揃えるのがおすすめです。

 

ココがポイント

ガスや電気を使わずに食べられるものがオススメ!

 

飲料水

 

食料品

 

 

手動充電ラジオ

災害時の情報収集は「死活問題」

どんな状況になっているかわからないので、みんなで聴けるラジオがおすすめです!

ラジオで状況を把握して最善の行動を心掛けましょう。

 

できれば電池がなくても使える手回しタイプで、ライトが使える物がオススメです!

欲をいえばスマホの充電もできるような高機能付きのラジオだと文句なしです。

 

ココがポイント

電気の供給が止まってしまった時、災害情報の収集に必須。ライトやスマホ充電機能もあればベスト

 

 

 

簡易トイレ

ないとかなり困るのがこの「簡易トイレ」です。

近くにトイレがあるかわからないことや、あっても長蛇の列になること。

また、断水していた場合など排泄物を流すことができないため、避難先で重宝される必須アイテムです。

 

防災グッズは食料・飲料や衣料品などに意識が向きがちですが、

重要な衛生面の確保として簡易トイレを備えていくことをおすすめします。

コンパクトなタイプが多くかさばらない物ばかりです。

 

ココがポイント

男性は必要ないと思っている人が多いですが、災害時のトイレ事情は超大切

 

 

 

ウェットティッシュ

こちらも衛生面の確保をするために重要なアイテムです。

水・電気・ガスのライフラインが止まって今った場合に、髪や身体を洗うことができません。

ウェットティッシュを利用して、最低限の衛生を保ちましょう。

 

衛生面の確保は精神的な安定に繋がります。

身体を洗えないことはとてもストレスになるので、必ず備えましょう。

枚数が多いタイプがおすすめです。

 

ココがポイント

被災時の身体のケアは肉体的にも精神的にも超大切。身体をキレイに保つだけでも気持ちがスッキリ

 

 

 

ソーラー充電器

情報収集の生命線ともなるスマホですが、電気が止まってしまった状態では充電することができません。

そこで、ソーラーで充電できるタイプの充電器が必要です。

避難した先で電力供給をしているかわからないため、ソーラーで安定した充電を確保しましょう。

 

家族と連絡を取る唯一の手段ともなります。

必ず備えておきましょう。

 

ココがポイント

被災時にスマホが使えないなんてあり得ない!電池切れを防ぐために必ず充電方法は確保しよう。

 

 

アルミシート

よくテレビでも見ることがあると思いますが、冷え込みの強い時期にアルミシートが大活躍です。

体温を逃すことが体調悪化になったり、精神的な負担になったりします。

身体を冷やさないよう最大限気を配りましょう。

 

雨がっぱのように着れるタイプのアルミシートがおすすめです!

着れることで行動しやすくなりますし、雨風も防げます。

コンパクトなタイプが多いので必ず準備しておきましょう。

 

ココがポイント

寒い時期の被災は寒さが本当に辛い。アルミシートを羽織るだけで驚くほど暖かさに違いがあります。

 

 

ラップ

超万能なアイテムがこのラップです。

万が一の怪我をした際に、止血をすることができます。

ご飯を食べる時にはお皿の代わりとして使うことができます。

 

リュックには少しかさばりますが、意外と使う頻度が高いので小さいタイプで何本か備えておきましょう。

 

ココがポイント

キャンプでもそうですが、ラップの有能性は計り知れません。かなり万能なアイテムなのでなるべく多い方がgood

 

 

防災リュック

細かく揃えるのが面倒という方には全て揃っている防災リュックがおすすめです!

各社種類豊富に揃えています。

防災リュックを買ったらただしまって置くだけの簡単なアイテムです。

 

ココがポイント

防災リュックはあればとりあえず一安心!可能なら人数分は欲しいところ。

 

 

おすすめはコチラ

 

玄関に置けるタイプ

 

売れすぎてる商品


 

3日間は生き抜く

 

もしもの時の必ず必要な7つ道具で防災準備まとめ

 

もしもの時に必ず必要な防災7つ道具はコチラです!

  1. 食料品・飲料水   →1人3L(最低3日分)
  2. 手動充電ラジオ   →情報収集ツール
  3. 簡易トイレ     →断水時かなり重要
  4. ウェットティッシュ →衛生管理に必須
  5. ソーラー充電器   →スマホ充電に必須
  6. アルミシート    →寒い時期の冷え込み対策
  7. ラップ       →怪我の手当てやお皿など何にでもOK

保管場所は玄関先か寝室ですぐ取り出せる場所がオススメです。

近年、毎年のように何かしらの災害があって、自分がいつ被災するかわかりません。

もしもの時の防災準備は絶対に進めておきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーちゃん

【職業】ハワイアンライフハッカー/監査 【住まい】東京/埼玉住まい|ハワイと日本を往復 【経歴】20代でタワーマンションを購入。株の監査人 次は注文住宅が欲しい衝動が抑えられなくなり、ブログを始めました。 最近の僕のテーマは“ブログで注文住宅” でもまずはブログで”ロレックス”

-防災グッズ
-, ,

© 2020 コアロハライフハック Powered by AFFINGER5