レアル

【レアル】2-0 バルセロナ|激闘エル・クラシコはレアルの勝利|コロナウイルスの影響でクリスティアーノ・ロナウドがベルナベウへ帰還|ハイライト

f:id:koalohawaii:20200302075322j:plain

リーガエスパニョーラ第26節

伝統の一戦「エル・クラシコ」

レアルはバルセロナをホームのサンティアゴ・ベルナベウに迎えた一戦。

この試合にはVIP席にクリスティアーノ・ロナウドの姿が!!!

退団後にベルナベウへ初の帰還がクラシコとなった。

ファンの歓声は今日一番だったかもしれない。

コロナウイルスの影響で自身のユヴェントスvsインテルの試合が延期になり、クラシコを観戦する事になったのだという。

ファンはまだまだロナウドが必要と考えているように伺えた。私も興奮

 

メンバー表

レアル

4-3-3

■GK

 クルトワ

■DF

カルバハル

ヴァラン

セルヒオ・ラモス

マルセロ

■MF

カゼミーロ

バルベルデ→バスケス

クロース

■FW

イスコ→モドリッチ

ヴィニシウス

ベンゼマ→マリアーノ

バルセロナ

4-3-3

■GK

テアシュテーゲン

■DF

セメド

ピケ

ユムティティ

アルバ

■MF

ビダル→ブライトバイテ

アルトゥール→ラキティッチ

ブスケツ

デヨング

■FW

 メッシ

グリーズマン→アンスファティ

 

スコア

レアル2 - 0

得点者 

71分 ヴィニシウス(レアル)

92分 マリアーノ(レアル)

試合経過

前半から互いに攻め合う展開。

レアルもバルセロナも調子が良くボールもよく回っており、プレスも早い活気のある試合に。

攻守の入れ替えが早くクラシコらしい試合展開となった。

34分

最初の決定的なチャンスはバルセロナ。

バルセロナが自陣でボールを奪い素早いカウンター、グリーズマンに渡ったボールをアルトゥールへと送りGKと1vs1の場面。

ペナルティーエリア内でシュートを打つも守護神クルトワの好セーブでレアルは難を逃れた。

38分

攻め立てるバルセロナはメッシがペナルティーエリア内でシュートを放つも、再びクルトワの好セーブに阻まれる形となった。

56分

イスコがペナルティーエリア側の得意な位置から狙いすましたミドルシュート。

神コースのシュートもテアシュテーゲンのブロックによりゴールならず。

並のキーパーなら止められない素晴らしいシュートだった。

61分

サイドからのクロスをイスコがヘディングシュート。GKを抜けて入ったかと思いきや、ピケのカバーリングでゴールラインを割れず。

71分

左サイドでボールを持ったヴィニシウスがドリブルで駆け上がりゴールへと迫る。

ドリブルで抜け出すと、角度のない位置からのシュートがピケの脚に当たりそのままゴールへ。

レアルついに得点。得点力不足を指摘されてたヴィニシウスがクラシコで待望の得点。

最年少クラシコ得点者も更新。

92分

アディショナルタイムにクラシコ初出場となるマリアーノがベンゼマと変わってin

ファーストプレーでそれは起こった。

スローイングを受けたマリアーノがバルサDFユムティティと入れ替わりゴールへ迫る

そのままドリブルで駆け上がり、狭いコースへシュート。

そしてゴールを割ってレアルにダメ押しの追加点

出場からわずか1分ほどで結果を出した。

試合は終了してレアルは約4年ぶりのリーグ戦でのクラシコ制覇となった。

選手評価

ベストプレイヤー

ヴィニシウス

覚醒しつつある才能。

先日のマンC戦でも非常に良い動きだった。

そして何と言っても彼に足りなかった得点を生むことができたのが大きい。

今日のレアルのチャンスメイクはほとんどヴィニシウスがいる左サイドからとなっていたので、

ヴィニシウスに頼る場面が多く見られた。

アザールがいない今、ヴィニシウスの覚醒がレアルの勝利を左右するだろう。

今回のクラシコでの得点でクラシコ最年少得点記録を更新。

ヴィニシウスが19歳233日、今回まで記録を保持していたメッシは19歳259日。

19歳でクラシコ、、、考えるだけで恐ろしい

しかし、久保くんがレアルに残っていたら出場していた気もする。

マリアーノ

奇跡の得点

構想外の男がついにやった

私はカンテラ育ちとの事もあってマリアーノが好きだった。

プレー時間をもっと与えてくれとずっと願っていたが、ようやく叶った。しかもクラシコという大舞台で

後半アディショナルタイムで出場し、いきなりの得点。

私ももう終わるとプレーに期待せず気を抜いた状態で見ていたが、失敗した。

まだゲームは終わっていなかったのだ。

一瞬のプレーでゴールへと近づき気付いた時には既にゴールしていた。

ゴール後にはマリアーノの目に涙が溢れていた。色々な思いをゴールへと表現したように思えた。

純粋に嬉しい得点。

イスコ

今日も才能を発揮していた。

まず見れたのが得意なコースからのミドルシュート。

美しいコースだったがテアシュテーゲンに阻まれた形となった。テアシュテーゲンでなければ入っていただろう。

今日のイスコは身体のキレが良くチャンスメーカーだった。ボールの扱いが物凄くうまかった。今日のクラシコにおいて重要なプレーヤーだった。

しばらくはスタメン起用を望みたい。

バルベルデ

決定的な仕事とはなっていないが、レアルの機動力そのものだった。

バルベルデがボールを持つとレアルに足りなかった推進力が大きなきっかけとなっていた。

安定したプレーとその推進力がバルセロナの脅威となっていたのは間違いない。

攻守において重要な役割だった。

ワーストプレイヤー

ベンゼマ

何回のシュートを外したのだろう。

ここ最近、決定的な仕事をしていないように思える。やはりベンゼマには相棒がいないと輝かないのかもしれないと感じた。

こんなプレーばかりしているのなら、ヨビッチやマリアーノにプレー時間を渡して欲しいと感じる。

要所でチャンスを作るも得点にならない。

勝ったから良いものの、もうベンゼマに頼ることは出来ないのだろうか、、、。

まとめ 

2-0で完勝

首位奪還

今日はヴィニシウスとマリアーノの日

マリアーノにもっと時間を

クリスティアーノ・ロナウドのベルナベウ期間に感激

後は無敗で優勝を目指したい

アザールはいらない??

ハイライト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーちゃん

【職業】ハワイアンライフハッカー/監査 【住まい】東京/埼玉住まい|ハワイと日本を往復 【経歴】20代でタワーマンションを購入。株の監査人 次は注文住宅が欲しい衝動が抑えられなくなり、ブログを始めました。 最近の僕のテーマは“ブログで注文住宅” でもまずはブログで”ロレックス”

-レアル

© 2020 コアロハライフハック Powered by AFFINGER5