個人的ニュース

恐怖!!Amazonのデリバリープロパイダ(ADP)を利用した結果

私がAmazonの配送ADP(デリバリープロパイダ)で体験した恐怖体験をご紹介。

 

デリバリープロパイダとは?

アマゾンの下請けした業者による配送。
個人、会社など一定の地域のみ配送する配送業者の事

 

悪夢の始まり

それはとあるプライムデーに起きた。

 

私はAmazonのヘビーユーザー。

当然ながら複数の商品を購入。

プライム会員なので通常通りの注文でお急ぎ便配送。

一つだけ、父が欲しがっていた「スマートウォッチ」をプレゼントする為にそれだけは実家へ配送することにした。

これが悪夢の始まりだった。。。

 

注文を完了させたら全て翌日に商品が届くとのこと。

配送日当日

私のところには注文の品物は届いていた。

しかし1通のメールが。

それは不在通知だった。父にプレゼントするハズだった品物は届いていなかった。

 

その日の実家には家族が常に家にいて品物を受け取れるように家族が待機していたが、配達員が来た気配はなかった。

そして不在通知もないし、インターホンを押した履歴もない。

どういうことか追跡機能で調べてみると、配達員は実家の周辺に来た履歴がない。

Amazonに乗っていた電話番号へ電話をしどうゆうことか聞いてみた。

そしてどうやら配送先を間違えたそう。

 

え、、、

 

配送先を間違えることなんてあるの?と大きく疑問。

だって実家のある周辺には来ている履歴がないのだから。

その日中の配達はできないと電話で告げられた。なんなんだろう。

少々荒ぶったが、いつもお世話になっているAmazon様だから心を鎮めて翌日の指定した時間での配送で承諾した。

 

そして翌日

実家には指定の時間に家にいてもらうようにした。

仕事をしているので指定した時間までに仕事を早上がりさせてもらうとのこと。

そこまでしなくても良いと思ったが、父が欲しがっていた商品なので早く受け取りたかったのだろう。

 

しかし指定した時間には誰も何もこなかった。

そうまたもや荷物は届かなかった。

プライムデーで注文が多いのだろうか。

こんなことは今まで一度もない。

追跡機能で調べてみるとまたもや実家周辺には配達員が来ていない。

また業者へ電話してみると、注文が多くて間に合わなかったとのこと。

 

いや、まだ6時だけど、、、。

 

流石にAmazonへ電話。

「申し訳ございません」しか言えない。それはそうだ。完全に配送業者のせいなのだから。

明日は必ず指定した時間にお届けしますとのこと。

クロネコヤマトに変えて欲しいと告げましたが、配送業者の変更はできないみたい。

 

でもそもそも配送業者って選べないよね。

仕方ない。

私は「待ちます」と告げた。

[the_ad_placement id="%e6%89%8b%e5%8b%95%e3%81%a7%e9%85%8d%e7%bd%ae"]

やっと荷物が届く

この日も父は仕事を切り上げて指定した時間に家で待っていた。

しかし指定時間には誰も来ないしインターホンも鳴らない。

また来なかったのかと落胆した。

 

その日の夕方

母が帰宅する際に玄関先で何かを見つけた。

くしゃくしゃになった紙と無造作に置かれた箱

そう、それは注文した商品と不在通知だった。

 

実家には宅配ボックスがないので置き配送はしたことがない。

今回の配送も指定していないし、そもそも指定の時間にインターホンすら来ていない。と思っていた。

しかしインターホンは鳴っていた。指定時間より2時間前に!!!

 

不在通知を見てみると家に来た記録が残っていた。

でもそれ指定した意味なくない?

恨みがあるのか苛立っていたのか、こんなくしゃくしゃな不在通知なんか見たこともない。

インターホンでどんなやつか見てみることに。

 

、、、、。

あ、、。

これヤバそうなやつだ。

 

坊主頭に首筋にタトゥーが見えててとてもガラが悪い。

極めつけはインターホンを押して睨みつけながら不在通知をくしゃくしゃにしてる。

こんな配達員いる!?

 

実家は恐怖で震えていた。

私にももうAmazonへ文句は言わないでくれと強く言ってきた。

そりゃそんなん見せられたらそうなるよね。

住所もバレているわけだし、、、。

結果

荷物は翌日の予定が3日遅れで届いた。

相当ガラの悪い配達員が担当だった。

 

ちなみに実家がAmazonで注文すると勝手に置き配送になってるらしい。インターホンすら鳴らないそう。

実家周辺の知り合いも同じ配達員が配送しているそうで周辺地域の人から苦情が多いと噂になっていた。

全てのデリバリープロパイダがそうとは限らないが、地域によってはハズレがある。

今のところ回避する方法はコンビニ受け取りにするしかなさそう、、、。

 

以上、デリバリープロパイダの恐怖体験でした。

[the_ad_placement id="%e6%89%8b%e5%8b%95%e3%81%a7%e9%85%8d%e7%bd%ae"]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーちゃん

【職業】ハワイアンライフハッカー/監査 【住まい】東京/埼玉住まい|ハワイと日本を往復 【経歴】20代でタワーマンションを購入。株の監査人 次は注文住宅が欲しい衝動が抑えられなくなり、ブログを始めました。 最近の僕のテーマは“ブログで注文住宅” でもまずはブログで”ロレックス”

-個人的ニュース
-

© 2020 コアロハライフハック Powered by AFFINGER5