レアル

【レアル】ベイルついに退団か!?今冬トッテナムへの復帰が濃厚

f:id:koalohawaii:20200119083145p:plain

ウェールズ代表のガレス・ベイルが今冬に古巣であるトッテナムへの復帰が濃厚とされているようだ。

この投稿をInstagramで見る

Gareth Bale(@garethbale11)がシェアした投稿 -

今シーズンのベイルはジダン監督と衝突、放出候補とまで言われ中国移籍が近づいていたが破談になりレアルに残留。現在は度重なる怪我やレアルを軽視した発言で出場機会を得られていない。

移籍先は古巣のトッテナムが最有力候補。

エースFWケインが怪我で離脱してしまい、FWの獲得を最優先としているトッテナムは過去にベイルを指導したことのあるジョゼモウリーニョ 監督が獲得に関心を示している。レンタルでの移籍を報じられていたが、ここにきて完全移籍が濃厚だと報じられている。

レアル・マドリードでは公式戦通算で246試合に出場、105ゴールと言う偉業を達成。さらにチャンピオンズリーグ決勝でのオーバーヘッドや、数々のスーパーゴールを決めてきたベイルだが、故障が多いベイルは常に批判の的となっていた。

そしてサポーターからも愛想を尽かされ、憎しまれている存在となっている。

ベイルは多くの問題を抱えていた。

神童ムバッペがモナコからPSGに移籍する際にレアルが筆頭の移籍先だったという。

しかし、ベイルがいる事によってコンスタントに試合に出れない可能性を危惧したムバッペ側がベイルの放出を要求。しかしペレス会長の寵愛を受けるベイルは残留となりムバッペがPSGへ移籍。世界最高の一人に君臨する。レアルは世界最高の選手を逃した。

そして、2017年のクリスティアーノロナウドの移籍とジダン監督の退任にも関わってる。ジダンがベイルの放出を要求した事に対して、ペレス会長がクリスティアーノロナウドの放出を進める。両者の意見が食い違い、結果的に寵愛を受けるベイルが残留しロナウドが放出。そしてジダン監督も退任と最悪の結末を迎えることとなった。

もっと早い段階でベイルがいなければムバッペとロナウドのレアルでのプレーが見られたかもしれない。レアルがチャンピオンズリーグ5連覇していたかもしれない。

現在のベイルは厄災なってサポーターからも嫌われている。

双方の為にもベイルの退団は最優先事項となっている。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーちゃん

【職業】ハワイアンライフハッカー/監査 【住まい】東京/埼玉住まい|ハワイと日本を往復 【経歴】20代でタワーマンションを購入。株の監査人 次は注文住宅が欲しい衝動が抑えられなくなり、ブログを始めました。 最近の僕のテーマは“ブログで注文住宅” でもまずはブログで”ロレックス”

-レアル

© 2020 コアロハライフハック Powered by AFFINGER5