レアル

【レアル】2-1セビージャ|カゼミーロが2ゴールの大暴れで勝利

f:id:koalohawaii:20200119083145p:image

リーガエスパニョーラ第20節

レアルはホームに難敵セビージャを迎えた一戦。

スタメンにはヨビッチ、ロドリゴ、Lバスケスのトリオが名を連ねた。

メンバー表

レアル

4-3-3

GKクルトワ

DFヴァラン

DFミリトン

SBカルバハル

SBマルセロ

MFカゼミーロ

MFクロース

MFモドリッチ

FWロドリゴ

FWルーカスバスケス

FWヨビッチ

途中交代

ヨビッチ→ベンゼマ

ロドリゴ→ヴィニシウス

マルセロ→メンディ

セビージャ

4-3-3

GKヴァツリーク

DFディエゴカルロス

DFクンデ

SBレギロン

SBナバス

MFバネガ

MFグデリ

MFフェルナンド

FWバスケス

FWハダディ

FWデヨング

途中交代

バネガ→ロペス

バスケス→トーレス

ハダディ→ネシリ

スコア

レアル2-1セビージャ

57分 カゼミーロ

64分 デヨング

69分 カゼミーロ

試合経過

両者攻め入った試合展開となった。

セビージャが前半29分バネガのコーナーキックをデヨングがフリーになりヘディングで合わせてゴール。

しかし、VAR判定でゴールはノーゴール。

直前でグデリがミリトンへのファールがありゴールは無効となった。

正直、この点を取られていたら流れが完全に持っていかれていたと私は思う。

前半は得点が決まらず後半へ。

57分

ペナルティエリア内でボールキープしていたヨビッチがカゼミーロへヒールパス。

パスは繋がりカゼミーロのGKを交わす技ありループシュートが決まり1-0。

64分

ムニルがペナルティエリア前でボールキープ。倒れながらデヨングへ繋ぎ、デヨングが弧を描いた美しいシュートがゴールネットを揺らしてゴール。またもVARが入ったが判定はゴールでセビージャの得点。

このシーンは倒れたムニルのヒジにボールが当たり軌道が変わっていた。2度目のVARで少し甘く見たのか得点は決まってしまった。

ここでセビージャがレアルに1-1に追いつく。

69分

カゼミーロはこの日の主役になった。

右サイドにいたLバスケスからのクロスをヘディングで合わせて、本日2点目のゴール。

75分

この日主役のカゼミーロはまだ暴れ足りなかったようだ。

相手のゴール前でボールを奪うとそのままシュート。ハットトリックを匂わせたがボールはゴールを逸れた形になった。

DMFがハットトリックとなればかなりの話題となったはずだ。

レアルは1点差を守り切り勝利で3ポイントを獲得。

選手評価

ベストプレイヤー

カゼミーロ

今日は文句なしでカゼミーロだろう。

守備的なポジションだが、チーム唯一の得点者が彼なので誰も文句は言えない。

カゼミーロはボール奪手能力も高く得点力も備わってきているので、レアルの柱としてしばらくの活躍を期待したい。

レアルには早くカゼミーロのバックアッパー確保を急いでもらいたい。

ワーストプレイヤー

ヨビッチ

1点目のアシストは素晴らしいアイディアだった。

しかしそれだけだ。

本来ならヨビッチに得点を欲しかったところだが、なかなか結果を残せずにいる。

ヨビッチがボールを持つと流れが鈍る。

やはりまだチームにフィットしていないのだろうか?

ベンゼマがいないと得点力が大幅に滞るレアルはチームとして何かしらの改善が必要なのでは。

まとめ

勝ち点3を獲得

アザール、ベイル、ベンゼマがいないとゲームに不安が残る。

レアルは勝ち点を重ねてバルサとの優勝争いが過熱

レアルは現在公式戦17戦無敗の状態。

久保建英のマジョルカに負けた以来、負けなしの好調状態にある。

リーグも後半戦が始まったばかりだが、まだ多くのタイトルを勝ち取る可能性があるので期待したい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーちゃん

【職業】ハワイアンライフハッカー/監査 【住まい】東京/埼玉住まい|ハワイと日本を往復 【経歴】20代でタワーマンションを購入。株の監査人 次は注文住宅が欲しい衝動が抑えられなくなり、ブログを始めました。 最近の僕のテーマは“ブログで注文住宅” でもまずはブログで”ロレックス”

-レアル

© 2020 コアロハライフハック Powered by AFFINGER5