子育てパパのまったりライフハック

ハワイ、子ども、レアル、ITガジェットなどまったりライフハック

【電撃就任】モウリーニョがトッテナム監督就任へ

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ゲキサカ(@gekisaka)がシェアした投稿 -

今朝はこのニュースに驚いた。

あのモウリーニョがトッテナムの監督へ就任したのだ。

私としてはノーマークだった。

過去に「トッテナムへは行かない」と宣言していたからだ。

しかも過去に2度もトッテナムからのオファーを拒否しているという。

昨年の12月にマンチェスターUを解任されてからフリーとなっていたが、約11ヶ月ぶりにプレミアリーグに復帰となる。 

モウリーニョはやり方が強すぎて海外誌からは批判の声も多い。

モウリーニョが支持されるのは結果を出した時のみであるのは間違いない。

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

サッカーキング(@soccerkingjp)がシェアした投稿 -

モウリーニョの冬の補強はベイルではないかと言われている。

それが叶えばレアル側からしてもかなりのメリットとなる。

ここ数週間で問題を複数作ったベイルはレアルとの溝を深めてしまった。

もうサポーターにベイルの味方はいない。

冬の移籍に注目したい。

 

ポチェッティーノ監督の解任は以前から言われていて、後任は誰になるかあまり興味がなかったが、モウリーニョはレアルのジダン監督が退任した時のオプションかとばかり思っていたので、レアルの状況が変わった。

もしCL、クラシコに敗戦するような事があればジダンの立場も危ういものになる。

その場合の後任はポチェッティーノになるのだろうか?

もしくは、シャビアロンソ?

ジダンの後任が報じられる事が多いのは現在の成績では不満だからだ。

まずはクラシコを見てみよう。