子育てパパのまったりライフハック

ハワイ、子ども、レアル、ITガジェットなどまったりライフハック

【中古車探し】レビューと評判|ビッグモーターへ行った結果、、、

f:id:koalohawaii:20191113112207j:image

妻がやっと免許を取れたので、練習車として中古車探しへ!

調べると大手のガリバーやビッグモーターがトップの方に出てきたので、

家から一番近かった「ビッグモーター」へ行くことに!!

 

 

ビッグモーターとは

ガリバーと並んで中古車業界の大手

買取・販売台数が日本一を達成したこともある程の大手!

 

事前の評判

・接客態度が悪い

・しつこい

・買取金額

・質の良い車がある

とあまり良い評判ではありませんでした。。。

 

とにかく家から近かったので、妻と父にも来てもらい行ってみようということになりました。

 

店でのやりとり

、、、到着。

駐車場に入ると中から人がお出迎えに来てくれました。→好印象

 

外に車はほとんど並んでおらず、聞いてみるとネットで車を見るシステムなのだそう。

実車が見たかったのに、、、

 

中に入ると大きい画面のある席に通されて、まず個人情報を書かされます。

軽い気持ちで見に行きたかったのですが、書かないと先に進めないとの事でした。

書いてる途中で自己紹介と名刺を渡されて、希望を聞かれます。

まだ書いているんだけどな、、、

というのも希望金額、車種、などを書く項目があったので二度手間に。

 

最初に車種、年式、色を聞かれました。←これも項目に書いてある。

妻に乗りやすい車を探していたので「ミニバン、7年前くらいまで、色は特になし」と答えました。

候補が膨大に出てきていたので、次に総額の予算を聞かれました。

練習車なので150万くらいで収まれば良いかと思っていたのでそう答えると、

 

店員「月々はいくらくらいで何年ローンでお考えですか?」

私「、、、?」

総額150万でとだけは考えていましたが、月々いくらで何年ローンかなんて計算しているはずがないのでは?と思いつつも

私「すいません。まだ総額150万でしか考えていません。」

店員「では月々いくらくらいお支払いする予定でお考えですか?」

私「、、、?」

え、、、っと質問の内容が変わってないと思いつつも先に進める為

私「一括で」と答える事にしました。

こういうお店へ行ったことがなかったので、行く前に月々いくら払うかを決めてから行くものなのかと疑問になりました。

 

とりあえず候補を絞ってもらうと

店員「色は何色が良いですか?」→さっき何色でも良いと言ったし書いてあるのに

私「拘りはないので何色でも良いです」

店員「何か好きな色はありますか?」

→、、、あれ?これはまた先に進まないループに入っている。。。

妻「青で」→少しイライラした様子で答えていました。

特に色なんて気にしないし、状態と金額の条件が良ければと思っていたので色で絞られて良い条件が消えないかが不安でしたが、先に進む為に仕方なく答えていました。

店員「なるほど、では探しますね」

目の前の大きい画面でカチカチやってる。

そして私達は気付いた。

色を指定していない事に!!

なぜ聞いた!

色の指定をしないのになぜ2回も聞いたのだ!!!

 

この時点で私たちは戦意喪失。

この店員は地雷だったと。。。

 

一応色々と検索はしてくれましたが、条件に合う車は見つからず。

初心者の妻は実車を見て買いたいとの事だったので、比較的に家から近くて希望のミニバンの実車がある店舗を探してもらう事に。

 

店員「近い店舗はこちらです。実車も置いてありますよ」

私「希望の車種のミニバンは何台くらい置いていますか?」

店員「、、、?ありません。」

店員・私「、、、?」

店員さんは不思議そうな顔をしている顔を見ながら不思議な沈黙が流れました。

とりあえず大丈夫ですと断りました。

 

店員「取り寄せもできますよ」

全国に店舗があるみたいで、他県でも取り寄せができるそうです。

しかしそれは罠でした。

妻「他県の車も見れるんですね〜」

店員「いえ、購入して頂くと取り寄せる事ができます。」

妻・私「、、、?」

そもそもの前提に実車を見たいという話をしているのに全く通じていない。

父「運送費は?」

店員「もちろん掛かります!(得意げな顔)10万あれば運べます。」

運送ってそんなにかかるの?と思いつつ疲れるのでスルー

 

と思いきやここで突然のレスバトル。

父「高いね。」

店員「相場通りですよ」

父「おたくの相場でしょ?」

店員「いえいえ!世間の、お客様の相場ですよ。相場はお客様で決まるものなので」

父「客層が違うかな?」

店員「そうですね〜」→周りは割とヤンチャ系な方ばかりでした。

父の言い方にカチンときたのか、やんわり応戦し始めました。

そして客層が違うと言われ終了。

ここでは練習車を求めるのは客層じゃないそうです。

 

父はムッとしながら店を出て行ってしまったので、すみません。と言いながら私たちも店を出る事に。

店員「良い車見つかったら電話しますので、電話番号も書いてください。」

→書いてる途中に検索が始まったので書いていない状態。でもこの空気感でよく言えたなあと関心。

妻「客層じゃないので大丈夫です。」強い!!!

そう妻は鬼嫁なのだ。

 

私はこちらの聞き方が悪かったのかなあと、最後にもう一度引っかかっていたことを聞く事に。

私「月々の支払いはいくらでも良いのですが、総額150万でという条件で車を探せませんか?」

店員「難しいですね。月々の支払いによって変わってくるんですよ〜」

やはりダメだと思いその場から退散。

中古車検索サイトでは総額でしか検索できないのに、いきなり月々いくらとか言われても計算しないと分からないのでは?

と思いつつも面倒なので何も言わずに店を後にしました。

 

まとめ

・地雷の店員がいる

・他の店員はどうだか分からない

・実車がない

・取り寄せ有料

・どんな客層が適正なのか分からない

・車自体はやや高め?

・状態が良さそうな車をチラ見した

・取り扱い台数は多め

 

あくまで個人的な感想です。

人が違えば内容も違ったかも!

でももう行く事はないでしょう。。。笑