レアル

【レアル】レアル2-2PSG 白熱の攻防戦でドロー|神試合

f:id:koalohawaii:20191127092222p:image

CL 第5節レアルはホームにPSGを迎えた一戦。

Aグループのビッグマッチ。

前回のPSG戦でレアルは完敗。

しかもPSGの主力がいない状態での完敗だった。

今回は両者主力同士の戦いとなった。

【スコア】

17分 1-0 ベンゼマ(レアル)
79分 2-0 ベンゼマ(レアル)
80分 2-1 ムバッペ(PSG)
83分 2-2 サラビア(PSG)

試合が動いたのは開始から17分。

イスコのシュートがゴールポストを弾き、こぼれ球をベンゼマがキッチリ決めて先制。

久々にスタメンのイスコは早くも仕事をした。

両者攻め合うも両GKの好セーブに得点は動かず、79分にマルセロからのクロスに合わせたベンゼマが2ゴール目をマーク。

しかし直後の80分にムバッペに1点返される。

ヴァランとクルトワの連携ミス。

そしてその3分後の83分にサラビアに決められて同点。

完全に崩されてのゴール。

そのまま試合が終了しドローという結果に終わった。

同組のガラタサライvsクラブルージュがドローという結果だったので、PSGとレアルは決勝トーナメントが確定した。

結果を見た感想としては残念なドローだった。

レアルはボールもよく回っていたし、チャンスメイクも出来ていた。

しかしレアルは夏に大きなミスを犯していた。

GKケイラー・ナバスをPSGに渡してしまった事だ。

彼がPSGにいなければもっと得点を稼げていたし、間違いなく勝てていた。

それほど、レアルの攻撃は鋭かった。

クルトワも好セーブもあり、しっかり守れていたが得点のされ方に不安が残る。

そして、取り消されたレッドカード。

あれが出された瞬間、負けを覚悟した。

前半42分イカルディの抜け出しをクルトワが足で引っ掛けて、レッドカードの提示。

しかし、流れの中でゲイエのファールがありレアルのFKとなった。VARに救われた。

シーズン開始からはコンディションを戻しつつあるクルトワ。

無得点記録を更新して安定を取り戻しつつある。

試合の流れを感じたのはネイマールがピッチに出てきてからだった。

チャンスメイクの力は抜群であっという間に得点されてしまった。

PSGを退団してバルセロナに復帰する話もあるが、ネイマールがバルセロナに戻ってきたらと思うと正直怖い。

白熱した神試合となったレアルvs PSG戦はかなり見応えのある試合だった。

勝利を取りこぼした形になったレアル。

一時は予選敗退を覚悟したが、ここに来て復活を遂げている。

2位通過が確定したみたいだが、バルセロナと当たらない事を祈ろう。

アザールの怪我が不安要素として残ったが、クラシコには間に合うのだろうか?

今後に期待。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーちゃん

【職業】ハワイアンライフハッカー/監査 【住まい】東京/埼玉住まい|ハワイと日本を往復 【経歴】20代でタワーマンションを購入。株の監査人 次は注文住宅が欲しい衝動が抑えられなくなり、ブログを始めました。 最近の僕のテーマは“ブログで注文住宅” でもまずはブログで”ロレックス”

-レアル

© 2020 コアロハライフハック Powered by AFFINGER5